ブログ

【交通事故】~いざという時の為に知っておきましょう!~

皆様、こんにちは。
名古屋市西区のかみおたい接骨院です。
皆様、交通事故に合われたことはありますか?
気が動転してパニックになってしまい、どうしたらいいかわからなくなることもあると思います。
そこで今回は「交通事故」について少しお伝えします。

<交通事故とは?>

「交通事故」とは、道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路において、車両等及び列車の交通によって起こされた事故で、人の死亡又は負傷を伴うもの(人身事故)並びに物損事故をいう。(警察庁Webs参照)と定義されています。

<交通事故が多い月と時間帯は?>

一年を通して全国的に多いのが12月です。
帰省や旅行などで運転する機会が増えることによる交通量の増加や積雪、路面の凍結などが理由として挙げられます。
交通事故が多い時間帯は、薄暮時間帯(17時~19時)です。
理由としては、視界が徐々に悪くなり、他の自動車、自転車、歩行者などの発見が遅くなり、速度や距離感がわかりにくくなるからと言われます。

<交通事故に合わないようにするには?(歩行者編)>

1. 道路への飛び出しは絶対しない。
2. 止まっている車の前後から渡らない。
3. 信号は必ず守る。
4. 青信号でも左右を確認してから渡る。
5. 明るい服装や反射材などを用いてドライバーに自分の存在を早く知ってもらう。
などがあります。

<交通事故に合わないようにするには?(ドライバー編)>

1. シートベルトを着用し、十分な車間距離をとって走行する。
2. ヘッドライトを早めに点灯する。
3. ながら運転はしない。
4. 体調が悪い時は運転を控える。
5. 時間に余裕をもつ
などがあります。

<交通事故にあった場合は?>

1. 安全な場所に車を止め、負傷者を確認に必要な救護措置を行う。
2. 警察へ連絡する。
3. 相手の情報を確認する。
4. 保険会社に連絡する。
5. 自分でも記録する。(写真など)
6. 医療機関を受診する。

普段から気を付けて生活することはとても大切ですが、交通事故はいつ遭遇するかわかりません。あってしまっても落ち着いて対応することも大切です。
交通ルールを守り、安全運転を心がけ、心に余裕を持ちましょう。
交通事故についてご相談などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。